統一協会に奪われた、大切な家族の「こころ」を取り戻すために ◆
メール相談は⇒ココから

◆資料集⇒ マスコミ報道 裁判事例 文鮮明一家家系図 

一神霊協会(統一教会)から「施設移転の手続きを怠った」などとして提訴されたのを受け、教会側に約5カ月分の家賃と弁護士費用の計310万円を支払うことで合意したと発表した。12月議会に提案する。市建築指導課によると、昨年11月下旬、統一教会佐賀教会は同市兵庫南から高木瀬平尾地区へ移転するため、市に宗教法...

一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏の遺族に対し弔電を送った。  文氏は1991年に北朝鮮を訪問し、故金日成主席と会談した。北朝鮮による弔問団派遣の可能性も指摘されている。 …     [記事全文]      2012/09/05 10:03   【共同通信】  ...

一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏の遺族に対し弔電を送った。  文氏は1991年に北朝鮮を訪問し、故金日成主席と会談した。北朝鮮による弔問団派遣の可能性も指摘されている。...

一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏が3日、肺炎などの合併症のため、韓国京畿道加平郡の病院で死去した。92歳だった。統一教会関係者が明らかにした。  文氏は7月、統一教会グループが主催した韓国のサッカー大会で開会宣言をするなど活動を続けていたが、8月初めに健康状態が悪化しソウル市内の病院に一時入

動で知られる統一教会の創始者、文鮮明氏(写真)が3日、韓国の病院で死去した。92歳。(AP=共同)...

一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏が3日、肺炎などの合併症のため、韓国京畿道加平郡の病院で死去した。92歳だった。統一教会関係者が明らかにした。  文氏は7月、統一教会グループが主催した韓国のサッカー大会で開会宣言をするなど活動を…     [記事全文]      2012/09/03 05:35...

 >  統一教会創始者、文鮮明氏が死去 合同結婚式を主宰   写真ニュース 記事一覧      統一教会創始者、文鮮明氏が死去 合同結婚式を主宰  大規模な合同結婚式を主宰し、世界各国の首脳と会談するなどの活動で知られる統一教会の創始者、文鮮明氏(写真)が3日、韓国の病院で死去した。92歳。(AP=共同)...

一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏(92)が危篤状態となり、ソウル市内の病院に入院していると報じた。  病院関係者や統一教会グループ関係者によると、文氏は肺炎などの合併症のため健康が悪化し、今月初めに一時入院。退院後の13日に再び症状が悪化して入院し、危篤状態となっている…     [記事全文]...

族ら63人が統一教会に約6億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(橋詰均裁判長)は29日、2億7800万円の支払いを命じた。  原告側は「宗教であることを隠して勧誘し、不安を煽るなどして誤った教義を信じ込ませた。教団の布教活動は、憲法が保障する信仰の自由を侵害している」と主張。  教...

 統一教会を脱会した元信者の女性に付きまとったとして、警視庁公安部は7日、ストーカー規制法違反の疑いで、埼玉県越谷市大泊、統一教会信者で職業不詳の宇佐美隆容疑者(42)を逮捕した。  公安部は同日、宇佐美容疑者宅を家宅捜索。ほかの複数の信者も女性宅近くで付きまとい行為をしていたとみられ、統一教会の組...

 統一教会の元信者ら3人が、霊感商法で多額の献金や印鑑購入などを強いられたとして教会側に計約5900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(阪本勝裁判長)は15日、教会と信者1人の責任を認め、原告3人のうち相模原市の女性(48)と秋田市の女性(40)への計約3300万円の支払いを命じた。  相...

の主婦5人が統一教会や信者ら8人に計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、8人に計約1億円の支払いを命じた。統一教会への請求は棄却した。  斉木敏文裁判長は、8人は儀式を催した組織の運営に携わっていたと認定し「悩みや弱みに乗じて不安をあおり、一種のマインドコントロール状態に...

京都内に住む統一教会元信者の女性(73)が教会と信者3人に約2億2千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は4日、約9500万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を取り消し、賠償額を約1億5千万円に増額した。  岡久幸治裁判長は、昨年12月の一審判決が「支出の経緯が不明」として請求を退けた...

... この会社は統一教会の信者らが運営しているという。  逮捕容疑は2008年8月中旬ごろ、東京都町田市の路上で福岡市の女性(52)を呼び止め、勧誘であることを告げずに「ご主人の病気が良くなる」と話した上で、翌日、事務所で「数珠を持てばご主人は救われる」と言って数珠を40万円で販売した疑い。  町田署に...

... 統一教会大分教会=大分市新川町=や同教会の関連会社で印鑑販売の「サンハート・健美」=同市上野町=など6カ所を家宅捜索した。 …     [記事全文]      2010/01/19 11:36   【共同通信】  ...

都世田谷区の統一教会元信者の女性(72)が教会と信者3人に対し、約2億2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、約9500万円の支払いを命じた。  中村也寸志裁判長は、女性が統一教会側に支払ったと主張した計約1億8千万円のうち、1990〜91年にかけ、自宅マンションを担保にして借金し...

罪に問われた統一教会信者で印鑑販売会社「新世」(東京)の社長田中尚樹被告(52)に、東京地裁は10日、懲役2年、執行猶予4年、罰金300万円(求刑懲役2年、罰金500万円)の判決を言い渡した。  共犯の営業部長古沢潤一郎被告(40)には懲役1年6月、執行猶予4年、罰金200万円(求刑懲役1年6月、罰...

一神霊協会(統一教会)和歌山教会が作成した販売取りやめを信者に指示する文書を押収していたことが9日、県警への取材で分かった。  県警によると、文書は今年の夏ごろの作成で、摘発が相次いだことを受け販売をやめるという内容。家宅捜索では、ほかに同社の印鑑販売の月間目標や販売マニュアルなども押収した。販売ト...

一神霊協会(統一教会)和歌山教会などを家宅捜索した事件で、県警公安課などは20日、特定商取引法違反の疑いで、和歌山市の印鑑・健康食品販売会社「エム・ワン」取締役で同市西、森とみ子(45)、いずれも同社従業員で同市吉里、奥ひとみ(55)、同市有家、鹿田三津子(71)の3容疑者を逮捕した。  公安課によ...

一神霊協会(統一教会)と関係が深いとみており、売上金の流れや印鑑の仕入れ先なども調べる。  逮捕容疑は昨年1〜9月、路上で声を掛けた大阪府茨木市の女性(48)ら3人を吹田市などの営業所に勧誘。姓名判断や手相占いを装い「先祖に悪い因縁を持つ者がいる」などと言って不安にさせて「開運するには購入してもらう...

罪に問われた統一教会信者で印鑑販売会社「新世」(東京)の社長田中尚樹被告(51)は10日、東京地裁(秋葉康弘裁判長)での初公判で起訴内容を認めた。  共犯として起訴された営業部長古沢潤一郎被告(40)と、法人としての同社も認めた。  検察側は冒頭陳述で、新世が統一教会の組織を背景に、宗教活動として通...

... 連絡会が統一教会関連の会社と断定している企業に対し、業務停止などの行政処分をするよう申し入れた。  連絡会の紀藤正樹弁護士は「昨年の『スピリチュアル・霊感被害110番』では新世についての情報が集まり、警察の捜査につながった。統一教会に限らず相談を寄せてほしい」と話している。...

... 統一教会信者の社長ら7人が同法違反容疑で警視庁公安部に逮捕され、2人が起訴、5人が略式起訴された。  新世から統一教会南東京教区の幹部に印鑑の販売実績が報告されていたとして、公安部は「新世と統一教会は密接不可分な関係にある」としているが、徳野会長は「統一教会は信者の経済活動の指導はしてい...

... 統一教会信者で印鑑販売会社「新世」(東京)の社長田中尚樹容疑者(51)ら2人と、法人としての新世を起訴した。  一緒に逮捕された販売員ら5人については略式起訴した。  地検は、新世の売上高が2007年度だけで約1億5千万円に上るとみて、利益が教会側に流れているかどうか慎重に調べている。 ...

... 統一教会の販売組織を解明すべきだ」と訴えた。  会見したのは全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士ら。同連絡会は1987年の設立後、これまでに約3万件の統一教会関連の被害相談を受けたという。  紀藤弁護士は「新潟や福岡でも統一教会関連の捜査があったが、全国的な展開がない」と指摘。「...

視庁公安部が統一教会南東京教区の本部事務所から押収したパソコン数台は、データが消去されていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。  公安部によると、事務所のパソコンには統一教会側が新世に提出させていた販売記録や顧客データなどが保存されていた可能性が高く、公安部は統一教会側が印鑑販売に深く関与...

渋谷区にある統一教会の南東京教区本部事務所を捜索した。  公安部によると、南東京教区は世田谷区や渋谷区の教会を統括する組織。事務所は新世の社長ら7人が11日に特商法違反(威迫・困惑)容疑で逮捕される直前に移転しており、公安部が移転先を捜していた。公安部は同教区の幹部が印鑑販売の指示を出していたとみて裏付けを進める。...

渋谷区にある統一教会の渋谷教会など数カ所を捜索した。  公安部は、今年2月の捜索で、新世の販売実績などが統一教会側に詳細に報告されていることを確認。田中容疑者や販売員のほとんどが統一教会信者で、利益が教会側に流れたとみて裏付けを進める。  逮捕容疑は2007年10月から09年2月の間、JR渋谷駅前で...

一神霊協会(統一教会)信者の女が逮捕された特定商取引法違反事件で、福岡県警は26日、同法違反(威迫・困惑)容疑で、法人としての同社を福岡地検に書類送検し、女の余罪2件を追送検した。 県警公安一課によると、同社の約30人の全社員は信者で、統一教会福岡教会がその販売実績を把握。同課は、両者が緊密な関係に2009年05月27日47NEWS ]

一神霊協会(統一教会)信者の女が逮捕された特定商取引法違反事件で、福岡県警は26日、同法違反(威迫・困惑)容疑で、法人としての同社を福岡地検に書類送検し、女の余罪2件を追送検した。 県警公安一課によると、同社の約30人の全社員は信者で、統一教会福岡教会がその販売実績を把握。同課は、両者が緊密な関係に2009年05月27日47NEWS ]

違反の疑いで統一教会福岡教会など4カ所を家宅捜索し、自称統一教会員で韓国籍の無職金純姫容疑者(61)を逮捕した。  県警によると、金容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。  逮捕容疑は2008年6月、福岡市の女性(57)に「あなたの先祖は因縁が深い。購入しなければ地獄に落ちる」と不安をあお...

... 「新世」は統一教会の関連会社だという。  捜索容疑は「新世」の20代と30代の女性販売員2人が2007年10月から08年7月の間、JR渋谷駅前で50代の女性3人に「占いをします」などと会社事務所に誘い、根拠のない姓名判断で「運勢が悪い」「先祖の影響だ」と告げて数十万円の印鑑を販売するなどした疑い。...

大な敷地には統一教会の関連施設があり、文氏らはここを訪問しようとしたとみられると伝えている。  統一教会をめぐっては、日本で霊感商法や違法な勧誘などが問題となり、各地で訴訟が相次いだ。2006年には関連団体の集会に安倍晋三官房長官(当時)の名で祝電が寄せられ問題化した。...

 統一教会の信者になった長女(38)が、多額の寄付をしたり行方不明になったりして、家庭が崩壊したとして、神奈川県の夫婦が統一教会に慰謝料など約1700万円の損害賠償と、長女と毎月2時間面会させることを求め、28日東京地裁に提訴した。  原告の代理人弁護士によると、統一教会に対し家庭崩壊の責任を問う訴訟は初めてという。...

...  統一教会をめぐっては、霊感商法の実態を隠した入信の勧誘など各地で損害賠償を求める訴訟が相次いでいる。世界平和連合は統一教会創始者の文鮮明氏が設立した団体。...

... 統一教会の関連団体「世界平和連合」から100万円の政治献金を受け取っていたことが9日、分かった。  統一教会をめぐっては、霊感商法の実態を隠した入信の勧誘や献金の強要などで各地で損害賠償を求める訴訟が相次いでいる。世界平和連合は統一教会創始者の文鮮明氏により設立された団体。  昨年の同支...

... 元信者が統一教会に損害賠償を求めた2件の訴訟で、最高裁第二小法廷(亀山継夫裁判長)は14日までに、統一教会の上告を退ける決定をした。  勧誘活動の違法性を認定し、北海道と千葉県、東京都に住む元信者の女性17人に計約2950万円を支払うよう命じた札幌高裁判決と、兵庫県と埼玉県の元信者の男女3人に計...

とする女性が統一教会の関係者であると報じ、交際を「政治家失格の軽率すぎる行為」と批判した。  判決理由で土肥章大裁判長は「記事は政治家の適格性に関する内容で、公共の利益を図る目的だった」とした上で「記事の前提となる事実は、真実か、真実と信じる理由があった」と述べた。  山崎幹事長はほかにも、女性医師...

 違法な勧誘活動で統一教会に入信させられ、貴重な青春時代を奪われたなどとして、北海道などの元信者の女性17人が、統一教会と関連会社に慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決で、札幌高裁の山崎健二裁判長は14日、同教会に計約2950万円の支払いを命じた1審判決を支持し、統一教会側の控訴を棄却した。  札幌高裁は判...

... 統一教会とその関連会社などに計約2500万円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁に起こした。  訴状によると、主婦は同教会の信者から家族が不幸になると不安感をあおられるなどし、2001年3月に印鑑を買わされたのをはじめ、同年11月末までに計約770万円を支払った。外交員も同様に、1985年か...

元信者7人が統一教会に対し慰謝料など総額約7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、新潟地裁の片野悟好裁判長は28日、統一教会に計約1500万円の支払いを命じた。  片野裁判長は「違法な入信勧誘によって入信させられ、その後長期間にわたって過酷な生活をさせられた」と原告の主張をほぼ認定した。  判決...

者ら15人が統一教会に計約5600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁の赤西芳文裁判長は25日、統一教会に計約5400万円の支払いを命じた。  赤西裁判長は「家系図鑑定などで不安を抱かせ、多額の献金をさせた行為は違法」として、原告側の主張をほぼ認めた。  判決によると、原告らは手相や家系図の...

の男女3人が統一教会に計約4300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、3人の主張をほぼ全面的に認め、計920万円の支払いを命じた。  3人の代理人弁護士によると、合同結婚式への参加強要で違法性を認め、賠償を命じる判決は初めて。  訴えていたのは、37歳から40歳の男女3人で、共同生...